学校で学ぶ

教室を移動する

土地家屋調査士の試験は筆記試験と口述試験とに分けられることが出来ます。ただし口述試験は筆記試験が合格したら実施されます。受験資格には特に制限はないようです。 資格取得のためには専門学校や通信教育で学ぶ人たちも少なくないようです。専門学校ではホームページを開設して土地家屋調査士のことを説明しているサイトもあるようです。また通信講座でもホームページを開設して資格ガイドや教材の説明を行っているサイトもあるようです。資格を目指す人にとっては自分に合った勉強法を探すいい情報源になるでしょう。

土地家屋調査士の国家試験合格をサポートする専門学校や通信講座は存在するようです。 専門学校では試験合格の講座が開かれているところがあります。土地家屋調査士の専門学校としては大手のところでは、通学して講義を聞くこともできますが、web動画やスマホ動画或いはDVDで講義を聞く講座もあるようです。ただしテキストと教材の量はとても多いそうです。 通信講座の大手でも土地家屋調査士の講座を設けているところがあります。ここでは過去の問題を徹底的に分析したオリジナルのテキストを提供しています。初めて学ぶ人でも無理なく学習できることを売りにしているようです。 いずれの講座も資料請求が出来るのでまずはそこから始めてみるのがいいのではないでしょうか。