保育を学ぶ

勉強する子供

保育の資格は非常に便利なもので、通信や通学講座で取得することもできます。また、国家資格のため国家試験に合格すれば資格を取得することができます。ですから、必ずしも養成学校を卒業しなければならない、というわけではなく、専門の大学などに通っていなくても、また主婦や社会人になっても取得できる資格です。早く保育士として現場で働きたいとお考えなら、高校卒業してから最短の2年制専門学校や短大がおすすめです。4年制大学や3年制短大などでは、乳幼児教育に関連したより幅広い知識を学ぶことができます。

保育士が働く場所は、保育所のみならずさまざまあります。近年は少子化といわれ、子どもが少なくなっているため、保育士の働く場所がないのではと思われるかもしれませんが、働く女性が増加しているため、各自治体では待機児童の多さに頭を悩ませています。ですから、小さい子どもを預かる施設が求められているのです。例えば、乳児院や児童養護施設、知的障がい児施設などで保育士が求められています。また、働く女性のために院内保育施設や、企業内保育施設を設置する職場も増えています。0歳から未就学児までを預かる職場が多いものの、学校から帰った後、保護する人がいない人のための学童や児童館などでも、保育士が求められています。少子化の世の中ですが、幅広い職場の求人がある職業といえます。