資格について

難しい授業

土地家屋調査士という資格は、測量や不動産の表記に関する登記の専門職です。クライアントの依頼を受けて、対象となる土地や建物の所在や利用状況を調査します。その調査内容に基づき、図面の作成や登記に必要な書類の作成して、申請手続きを行います。専門的な知識が必要な職業ですので、国家資格となっています。この土地家屋調査士の資格には、独立開業がしやすいというメリットがあります。仕事のがんばり次第では、高収入を得ることも可能な資格です。しかし、独立開業と高収入というメリットがある分、それに伴うデメリットも存在します。クライアントからの依頼が無ければ収入として成果がありません。安定した収入を求めるには、顧客の新規開拓を積極的に行わなければ将来は不安定となります。

土地家屋調査士の主となる仕事といえば、各種の調査業務です。これは、様々な調査を行うのですが、法務局や市町村役所、道路の管理者などに出向いて建築物等の調査を行ったり、敷地の境界線や土地の権利、隣接地への調査や事前調査を行うことです。境界標の埋没業務も仕事であり、番地と番地の境界について調査や測量に基づき、境界標で表示することです。その調査について公平な立場として立ち会うことも主たる業務の一つです。事務的な仕事では、調査内容を基にして公的な登記申請書類の作成や測量図面など土地家屋調査士が作成しなければならない書類はたくさんあります。また、作成した書類を申請するための申請業務も土地家屋調査士の重要な仕事です。